放射能汚染検査

テクノ坂上では リーズナブルに 食品の汚染を検査しております

検査の内容 水 液体 固体 土などの検査を即日行っておりますので 気軽に問合せください いまだに 福島第一原発事故の影響が 栃木 群馬 福島 茨城県では 残留放射能が たびたび テレビなどで話題になりますが 果たしてこれだけでしょうか 栃木県内では 学校の食材が 規制値の2倍 250ベクレル前後汚染給食が話題になりました。これだけではなく沢山あると考るのが正しいでしょう 。現在では 無検査がほとんどです 「 検査をしなければ 汚染は 分からない 」 「 もう 検査はしないようにしよう」 テレビや新聞で騒がれるのは一部が たまたま発見されてと思うのが正しい

当方のスペクトルメーター 検出限界値 メーカー スペクトロメーター説明 公式文章1Lマリネリ容器に水を1L充填し、1時間測定した時のCs-137放射能濃度測定下限値は約1.2Bq/kg、30分間で約1.6Bq/kg、15分間で約2.3Bq/kgです。 早い測定時間 「 待ち時間で測定可能 」1Lマリネリ容器に500mL充填した場合は1時間で約1.8Bq/kg、30分間で約2.5Bq/kg、15分間で約3.6Bq/kgです。  この様に 一キロのほうが 正確です ガスにて空間線量を 限りなくゼロにすることで メーカーの公開する 測定限界値を 下げらます

1キロの検体  限界値   30分 1.6ベクレル

500グラム  限界値   30分 2.5ベクレル 

1キロの検体   限界値  15分 2.3ベクレル

500グラム検体 限界値  15分間 3.6ベクレル

当店の測定 ガスの注入により さらに 限界値を 50パーセントダウンさせることが可能になります 当方の機器は 福島県の漁港や公共施設で使用されている 機器を使用しております 容器室 容器内の空間線量を 限りなくゼロにすること 

新商品情報

商品イメージ

各種 放射線測定機器のパーツの販売も行っております 

商品イメージ